綿棒浣腸で離乳食をはじめた子供の便秘を解消

離乳食をはじめると急に子供が便秘になり悩む新米ママは多い

離乳食がはじまって急に便秘になった子供

 

子供が1歳前後になると、離乳食をはじめる新米ママも多いと思いますが、離乳食をはじめると子供が便秘になり、どう解消したらよいかと悩んでいるママは多いのです。

 

私も新米ママですが、子供が1歳になる少し前から子供の便秘が3ヶ月くらい続き悩んでいました。

 

やっとうんちが出たと思っても、いつもコロコロうんち。
子供が泣きながらやっと出したうんちなのに、硬くて小さいうんちがお尻に挟まっている程度でした。

 

子供の泣き顔を見るのが本当にツラいですよね。
早く何とかしてあげたいと思いながら、うんちが出ない日に丸をつけた手帳を眺めていた日々を思い出します・・・。

 

そんな私は、子供の便秘を解消するため、インターネットで調べた方法を試してみたり病院を変えたりして色々と試しました。

 

いろいろと試しているうちに、結果的に子供の便秘は解消しました。
何もしなくてもバナナウンチが出るようになったのです。

 

とりあえず、今はあの子供の泣き顔をもう見なくてよくなったことが何よりも嬉しいです。


私が試した子供の便秘解消方法をご紹介します

離乳食をはじめた子供が便秘になり悩んでいたときに、私がどんなことを試してみたのか、同じ境遇の新米ママの参考になればとまとめておきたいと思います。

 

ただ、子供は本当に1人1人それぞれで、成長の過程で個人差があるため、私が試した方法が全てではないと思います。
もしかしたら、この方法を試していなくても子供の便秘は解消していたのかもしれません。

 

でも、あの子供の泣き顔を見たら、親として何もせずにはいられないと思いますので、もし何か試したことがない方法があったら参考にしていただければ幸いです。

離乳食をはじめたばかりの頃に子供が便秘になる原因

まず、子供が何日うんちが出なかったら便秘なの?と気になると思いますが、次のようなときには便秘かもしれないと疑ってみてよいのだそうです。

  • 3日以上うんちが出ていない。
  • ごはんを食べたのに、すぐに吐いてしまう。
  • ぐっすり寝たはずなのに、何かいつも機嫌が悪い。
  • おなかがポッコリしているように感じる。

うんちが1日や2日出ないくらいのことは子供のペースと思って心配しなくてよいと言われました。
ただ、そうはいっても判断がとても微妙なので、心配なときは病院の先生に相談した方がよいと思います。
子供の異変に関しては、誰よりもママの感覚が正しいことが多いと思うからです。

 

また、便に血が見えるときは、病気の疑いもあるので、病院を受診してみたほうがよいかもしれません。

 

離乳食をはじめた子供が便秘になる原因

 

離乳食をはじめたときに子供が便秘になる原因として多いのは、便の水分不足なのだそうです。

 

もともと離乳食をはじめると食生活の変化で腸内の細菌も変化します。腸内細菌の変化によって子供の腸内に便がためられるようになり、離乳前に比べてうんちの回数も減るのです。

 

それに加えて、母乳やミルクも飲まなくなっていくため、便の水分が足りなくなっていきます。

 

ちなみに、離乳食をはじめてから少し時間が経っている場合には、ごはんの内容が便秘の原因となる場合もあります。具体的には、食物繊維が足りないからうんちが出なかったり、ごはんをあまり食べないからうんちもあまり出なかったりということです。

 

ただ、『便の水分不足』が便秘の原因にならないかというとそういう訳ではなく、離乳食をはじめてから少し時間が経っている場合でも『便の水分不足』が便秘の原因になることもあります。

 

私の子供のように、たまにうんちが出てもコロコロうんちがおしりに挟まっている程度というときは、水分の不足でうんちが固くなって便秘していたり、さらには、そのうんちが固いことで肛門を刺激されることが、子供にうんちしたくないと心理的に感じさせてしまったりということもあるのです。

綿棒浣腸は本当に効果があるの?その正しい方法とは。

便秘解消に綿棒浣腸するため仰向けに寝る子供

 

綿棒浣腸のお手本を病院で見せてもらったことはありますか?

 

それ痛くないの?というくらいグリグリやったり、慣れると簡単ですが、意外とコツが必要だったりします。
もし、イメージがあまり湧かないようなら、病院でお手本を見せてもらうのもよいかもしれませんね。

 

それではここで、私が学んできた綿棒浣腸の正しい方法をお伝えします。

 

綿棒浣腸に必要なものは大人用の綿棒とベビーオイル

 

子供の綿棒浣腸に必要なものは、『大人用の綿棒』『ベビーオイル』の2点です。

 

最初は子供のおしりの穴に綿棒を入れるのが怖くて、赤ちゃん用の綿棒を使っていたのですが、それだと細すぎて刺激が足りないみたいです。また、細いほうが良さそうと思っていたのですが、材質が硬いため、かえって肛門や腸を傷つけてしまうこともあるそうです。

 

なので、綿棒浣腸をする場合は、少しほぐした『大人用の綿棒』を使用するのがよいでしょう。

 

次に、大人用の綿棒とともに、忘れてはいけないものが『ベビーオイル』です。

 

ベビーオイルがない場合には、オリーブオイルやワセリンで代用してもよいそうですが、子供が摩擦で痛がることのないようにベビーオイルを少しほぐした大人用の綿棒の先にたっぷり塗りましょう

 

また、意外と重要なのが、新聞紙をあらかじめ敷いておくことです。

 

私の子供は綿棒浣腸をしてもすぐにうんちが出ないことが多かったのですが、何回か刺激してすぐにうんちが出たことがありました。(実は買ったばかりの家のじゅうたんが残念なことになったことも・・・泣。)そのため、我が家では綿棒浣腸するときは新聞紙をあらかじめ敷いておくようにしていました。

 

もし、「おむつ替えシート」などがご自宅にあるなら、そのシートを引いておくのもよいかもしれませんね。

 

綿棒浣腸はごはんを食べて30分くらい経った頃のタイミングがよいようです。

 

綿棒浣腸をするなら、腸が活発に動くときが効果的です。
具体的には、ごはんを食べてから30分後くらいがよいタイミングなのだそうです。

 

では、どのように綿棒浣腸をするとよいのかというと、私は次のような感じで綿棒浣腸をしていました。

私が実践していた綿棒浣腸の方法

  1. できるだけリラックスさせた状態で子供を仰向けに寝かせる。
  2. たっぷりベビーオイルを塗った、少しほぐした大人の綿棒を用意して子供の足を広げる。
  3. 子供の肛門に触れた綿棒の頭を円を描くようにやさしく挿入していく。
  4. 子供のおなかを揉んだりさすったりしながら挿入した綿棒をやさしくクルクル。
  5. 大体20秒くらい刺激したら綿棒を抜く。その後指のお腹を肛門に当てて軽く刺激する。

よく綿棒浣腸はクセになると言われますが、私の子供は改善したあと浣腸がなくても排便できているので大丈夫だと思います。

 

また、上記の方法で綿棒浣腸を試したあと、少し時間が経ってもあまり効果がなく、子供が引き続き苦しそうにしていたり、あんまり食欲がなかったりという場合には病院の先生に相談してみてもよいと思います。


私が便秘に悩む子供に試した綿棒浣腸以外の方法

 

病院に相談したとき、市販の浣腸を勧められたり、うんちを柔らかくする薬を勧められたりしたのですが、薬には頼りたくないと思っていたのでほかの方法はないかと探しました。

 

その結果、実践したのが次の方法です。

食物繊維が多いごはんやビフィズス菌が摂れるヨーグルトを食べさせてみる

 

まず、薬に頼りたくないと思った私が試したのはこの方法です。
便秘の原因は、食物繊維の不足にもあるということを聞いたので、食物繊維のなかでも腸を刺激する効果があるとされる、水に溶けない食物繊維が含まれる野菜を離乳食に加えることにしました。

 

不溶性食物繊維が含まれる野菜というと具体的には、いんげん豆やえんどう豆、大豆をゆでたもの、とうもろこしなどです。

 

また、整腸作用があるビフィズス菌が摂れるということでヨーグルトを食べさせてみました。

 

ただ、食物繊維を毎日食べさせるというのは意外に大変だったことと、食物繊維を摂り過ぎてしまうことで、かえってうんちを硬くすることもあるということがわかり、食物繊維をごはんに入れるのをホドホドにすることにしました。

 

私の子供は結果的に大丈夫だったのですが、ヨーグルトがおなかに合わなくて便秘になる子供もいるそうです。

 

ハイハイやゴロゴロで腸を動かしてみる

 

ごはんのメニューを変えるのと一緒に試した方法がコレです。

 

ちょうど我が子は、ハイハイから伝え歩きに以降する時期だったので、ごはんのあとにハイハイと伝え歩きをよくさせるようにしていました。カラダを動かすとおなかが空くので食欲が自然と湧き、うんちの量も増えるのだそうです。

 

また、お昼寝のあとなど布団の上にいるときにも、手足を伸ばしてゴロゴロさせながら腸を動かすことを意識していました。

 

綿棒浣腸をするときにしたように、お風呂に入っているときなどに、のの字になるように大腸に沿っておなかを揉んだりさすったりしてあげることも続けていました。
うんちが固いときは、固いうんちがなんとなくココにあるということがわかります。

 

私個人的には、この腸を刺激するということはとても効果があったように感じています。

 

オリゴ糖をヨーグルトやスープに混ぜてみる

 

実は私も産後から便秘に悩まされていたので、子供と一緒にオリゴ糖を試すことにしてみました。

 

最初、ビフィズス菌が摂れるということでヨーグルトを子供に食べさせていたのですが、ヨーグルトで摂取したビフィズス菌は胃酸でほとんどがダメージを受けてしまうそうです。また、ビフィズス菌がせっかく腸までたどり着いても、その人の腸になじめずにいなくなってしまうことがあると知りました。

 

生まれたときに赤ちゃんのうんちが黄色くて酸っぱいニオイがするのは、ママのビフィズス菌を赤ちゃんが受け継ぐからなのだそうです。

 

オリゴ糖はそのママから受け継いだビフィズス菌を増やしてくれると知ったため、試してみようと思ったのです。

 

私はお茶に入れたりして摂取するようにしていましたが、結果的には私の便秘も改善したため今でもオリゴ糖は続けています。

 

※ ちなみに、私が試した中で効果があったオリゴ糖はコチラです。
  ⇒ 免疫力も高めてくれる自然由来の素材でできたトクホのオリゴ糖

子供の便秘改善のためにほかにも試したかった方法

 

調べているなかで、結局試すことがなかったけど、試そうと思っていた方法がいくつかありますので、これを最後に紹介したいと思います。

  • 様式トイレではなく和式トイレでさせてみる。
  • オリーブオイルなど、大腸を刺激してくれると言われる油分をたくさんあげてみる。
  • バナナをたくさん食べさせてみる。
  • 病院を変えてみる。
  • 湯たんぽや腹巻きでおなかをあたためてみる。

 

今は様式トイレしかほとんどないので、実現が難しかったのですが、和式トイレのほうがチカラが入りやすくうんちが出やすいと知り、機会があればぜひ試してみたいと思っていました。

 

病院を変えたときに、先生からマルツエキスを勧められたりもしたのですが、私は子供の便秘が水分不足だと考えていたので、水分不足には効果がないとされるマルツエキスは試しませんでした。薬にはなるべく頼りたくなかったこともあります。

 

上記の方法以外にも、まだまだ便秘の改善方法はあったのですが、勧められたり幸いにも便秘が改善したので調べるのをやめることにしました。

 

私もそうでしたが、新米ママにとって子供が苦しそうに泣いていたりするのって本当に見ていられないですよね。私のせいじゃないのに私のせいのような気がして、どうしていいのか最初は本当に焦ったりしていました。

 

もし私の拙い経験が、そんな新米ママの参考に少しでもなれば幸いです。もしよかったら試してみてくださいね。